借地借家法と旧借地法

借地権とは、建物の所有を目指す目的とする地上権または土地の賃借権のことを言います。
1992年8月に借地借家法は施行され、それ以前に土地を借りている場合には旧借地法が適用されます。
旧借地法は、更新をすることにより半永久的に土地を借りられることができます。
継続期間は存続期間は30年、更新は20年となり、地主側からの更新拒絶・建物の明け渡し。
更地返還など正当事由なしでは認められず、なかなか土地が返ってこないことが現状です。

地主側の問題点を解消するべく、施行されたのが借地借家法です。
借地借家法は、一般定期借地権・事業用借地権・建物譲渡特約付借地権の三つに分かれます。

借地権は売却することが可能です。
地主に買い戻してもらうのか、第三者に売却するのか、又は借地権の一部と底地の一部を地主に等価交換するのか誰に売却するのかによって話の進め方が変わってきます。

次回は借地権の空き家の売却のお話です。

空き家ゼロ
■■■■ お悩み相談窓口■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
~どんな空き家でも活用できます~
一般社団法人 空き家ゼロ推進協議会

↓↓↓ 何でもご相談ください ↓↓↓
ご相談はこちら 0120-918-936(通話無料)
メールはこちら  zero.akiya@gmail.com
ホームページ:http://xn--w8jy02kbkt.tokyo/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

空き家をお持ちの方で
「どこに相談したらいいかわからない」「どんな活用ができるかわからない」など
お悩みの方はぜひお問い合わせください。
私たち空き家ゼロ推進協議会と一緒に、空き家の活用について考え、解決していきましょう。

メールでのお問い合わせ
空き家の活用についてご相談はこちらからどうぞ
お電話でのお問い合わせ
お電話でもお気軽にどうぞ0120-918-936
受付:月~金 9時~18時まで