再建築不可の物件、なぜ再建築できない理由

空き家所有者で多いお悩みが再構築不可の空き家です。
再建築できない為、買取金額も安い・なかなか売却できないなど言われます。
では、なぜ再建築できないのでしょうか?
再建築不可の物件とは、法律上、建材ある建物を壊して新たな建築ができない物件のことを指します。
建築基準法の道路について第42条で規定しており、この道路に接していない敷地の場合、建物を建築することはできません。この機体ができる前の建物はそのままで良いが、これからは建築できないという事になります。
建築基準法上の道路は、原則公道など幅員4m以上のものをいいます。
ただし幅員4m未満の道路でも建築基準法の2道路・みなし道路とみなされる場合があります。
これらの道路に2m以上接してない敷地には原則として建物を建てることができないといいう理由があり、再建築不可になります。

2項道路(みなし道路)
道路は幅員4m以上のものをいいます。2項道路とは建築基準法第42条2項に定める4m未満の道で特定行政庁が指定したもの、道路とみなされたものをいいます。

空き家ゼロ
■■■■ お悩み相談窓口■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
~どんな空き家でも活用できます~
一般社団法人 空き家ゼロ推進協議会

↓↓↓ 何でもご相談ください ↓↓↓
ご相談はこちら 0120-918-936(通話無料)
メールはこちら  zero.akiya@gmail.com
ホームページ:http://xn--w8jy02kbkt.tokyo/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

空き家をお持ちの方で
「どこに相談したらいいかわからない」「どんな活用ができるかわからない」など
お悩みの方はぜひお問い合わせください。
私たち空き家ゼロ推進協議会と一緒に、空き家の活用について考え、解決していきましょう。

メールでのお問い合わせ
空き家の活用についてご相談はこちらからどうぞ
お電話でのお問い合わせ
お電話でもお気軽にどうぞ0120-918-936
受付:月~金 9時~18時まで