小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例が適用されると被相続人の住居・事業用に使用している宅地等を、配偶者や同居の親族・子供の相続した場合、敷地面積330㎡までの評価額が5~8割減額されます。
条件を満たせば二世帯住宅も適用が認められます。
別居についても配偶者や同居親族がいない場合に限り同様の措置が受けられる可能性もあります。
また個人が賃貸経営をしていた宅地でも相続人が事業を引き継ぐ場合に200平米まで5割の減額が可能です。
(居住用・貸付用と併用も可能)
標準的な宅地と比べ規模の大きな土地やいびつな土地でも減額割引が適用されるケースもあります。
どのような土地も専門家にご相談くださることをお勧めします。

  空き家ゼロ
■■■■ お悩み相談窓口■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
~どんな空き家でも活用できます~
一般社団法人 空き家ゼロ推進協議会

↓↓↓ 何でもご相談ください ↓↓↓
ご相談はこちら 0120-918-936(通話無料)
メールはこちら  zero.akiya@gmail.com
ホームページ:http://xn--w8jy02kbkt.tokyo/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

空き家をお持ちの方で
「どこに相談したらいいかわからない」「どんな活用ができるかわからない」など
お悩みの方はぜひお問い合わせください。
私たち空き家ゼロ推進協議会と一緒に、空き家の活用について考え、解決していきましょう。

メールでのお問い合わせ
空き家の活用についてご相談はこちらからどうぞ
お電話でのお問い合わせ
お電話でもお気軽にどうぞ0120-918-936
受付:月~金 9時~18時まで