戸建を相続した際にまず確認する3つのこと

実家を相続した場合、確認することが3つあります。
まず1つ目は、相続人全員の意思を確認しておくことです。
実家である戸建を売却する場合、相続人全員が売却の意思があれば問題ありませんが、そのうち一人でも売却に反対する人がいる場合売却することが難しくなります。
そして、2つ目確認しておくことは、相続した不動産が戸建の場合は、多額の税金が発生する可能性がありますので譲渡所得税といった税金について確認しておく必要があります。特に先祖代々と受け継がれているような戸建てや、農地などをたくさん所有している場合は、取得した費用がうやむやになっている場合が多く、所有者不明として計算されてしまい多額の税金が発生してしまう可能性が高くなります。
最後に、3つ目に確認しておくことは、手続きをする前に相続する不動産の振り分けを確認しておく必要があります。例えば、兄弟の中で、もし実家を売却したくない人がいる場合、手続きの前に実家の戸建は長男、月極駐車場として所有していた土地は次男が受け継ぐなど決めておくことで手続きがスムーズになります。しかし、これらのことを決めておかずに手続きだけを先に済ませてしまうと、後から兄弟で振り分けることができませんので兄弟間で意思の確認をし、不動産の振り分けをしておくことも大切です。

空き家ゼロ
■■■■ お悩み相談窓口■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
~どんな空き家でも活用できます~
一般社団法人 空き家ゼロ推進協議会

↓↓↓ 何でもご相談ください ↓↓↓
ご相談はこちら 0120-918-936(通話無料)
メールはこちら  zero.akiya@gmail.com
ホームページ:http://xn--w8jy02kbkt.tokyo/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

空き家をお持ちの方で
「どこに相談したらいいかわからない」「どんな活用ができるかわからない」など
お悩みの方はぜひお問い合わせください。
私たち空き家ゼロ推進協議会と一緒に、空き家の活用について考え、解決していきましょう。

メールでのお問い合わせ
空き家の活用についてご相談はこちらからどうぞ
お電話でのお問い合わせ
お電話でもお気軽にどうぞ0120-918-936
受付:月~金 9時~18時まで